導入節電シミュレーション

HOME > 導入節電シミュレーション

ソーラーパネル設置の導入費用は?どれくらいで元が取れる?

ソーラーパネル設置の導入費用は?どれくらいで元が取れる?

太陽光発電に関心がある方なら、導入時すれば本当に節電効果が得られるのか、またどれくらいで導入コストを回収できるのか、具体的な数値で知りたいと思いますよね。こちらでは、導入にかかる費用の内訳と、3パターンの導入コスト回収シミュレーションについてご紹介します。

一般家庭の導入費用は乗せる枚数によって異なります。

太陽光発電システムが一般家庭に普及するにつれ、導入にかかる価格は以前よりも下がってきました。導入するソーラーパネルや、その他設備機器の種類、規模、設置する住宅の状況によってもちろん金額は異なりますが、平成26年現在のデータとしては、太陽光発電で使用電力をまかないつつ売電でコスト回収を図る場合、新築に設置する平均価格は1kWあたり40万円ほど。一般家庭に必要な容量4kWを太陽光発電でカバーするためには、約160万円かかる計算になります。

試算150万円には何が含まれるの?~内訳~

導入費用には、太陽光発電の仕組みでご紹介した「ソーラーパネル」「パワーコンディショナー」「屋内分電盤」「電力量計」などの装置、さらにそれらを安全に設置するための架台の設置・電気工事費用などが含まれます。また、電力会社に電気を買い取ってもらうための手続きが必要で、それら費用もここに含まれています。

装置費用 工事費用 手続き費用
  • ソーラーパネル
  • パワーコンディショナー
  • 屋内分電盤
  • 電力量計
  • 各架台
  • 設置工事
  • 電気工事
  • 配線工事
  • 電気売買契約
  • 補助金申請など
設置して終わりではありません~費用回収~

太陽光発電システムは他の住宅設備と異なり、「設置して終わり」ではありません。万が一に備えた自家発電とも異なり、日々の運用でコストをコツコツと回収することにより、最終的に収支のプラスを目指します。太陽光発電の利用によってそれまでかかっていた光熱費を削減し、余剰電力の売電によって導入時にかかった費用を回収するのです。

費用回収はどれくらいでできる?~節電シミュレーション~

太陽光発電だけの場合(※Panasonic 4,8kwシステムを導入した場合)

太陽光発電だけの場合

導入前の支出 1ヶ月の削減コスト 1年間の削減コスト 10年間の削減コスト
約10,000円 約18,000円 約216,000円 約2160,000円
太陽光+家庭用蓄電池の場合(京セラ 7,2kwシステムを導入した場合)

太陽光+家庭用蓄電池の場合

導入前の支出 1ヶ月の削減コスト 1年間の削減コスト 10年間の削減コスト
約10,000円 約22,000円 約264,000円 約2640,000円
太陽光+オール電化

太陽光+家庭用蓄電池+オール電化の場合

導入前の支出 1ヶ月の削減コスト 1年間の削減コスト 10年間の削減コスト
約18,000円 約26,000円 約312,000円 約3120,000円
太陽光+家庭用蓄電池+オール電化の場合

太陽光+家庭用蓄電池+オール電化の場合

導入前の支出 1ヶ月の削減コスト 1年間の削減コスト 10年間の削減コスト
約18,000円 約30,000円 約360,000円 約3600,000円

こちらでご紹介したシミュレーションは、あくまで一例です。神戸・大阪・京都・名古屋(愛知)・横浜(神奈川)・東京・広島・埼玉・静岡・金沢(石川)・福岡の「新日本住設」では、お客様のご相談に対して個別のシミュレーションを行っています。現地調査やヒアリングをふまえて、ご予算やご要望、お住まいの環境や条件なども考慮したプランニングが可能ですので、太陽光発電システムの導入を検討されているなら、ぜひ一度当社へご相談ください。

お客様ごとに具体的な導入シミュレーションを。お申込みはこちら お問い合わせ