太陽光発電の仕組み

HOME > 太陽光発電の仕組み

太陽光発電ってどんなもの?

太陽光発電ってどんなもの?

クリーンエネルギーやCO2削減といったエコロジーや省エネを意識した生活に関心がある方なら、一度は太陽光発電システムの導入を考えたことがあるのではないでしょうか? ですが、太陽光発電がどういう仕組みでエネルギーを生み出しているのか、太陽光発電にはどういうメリットやデメリットがあるのかをくわしくご存知だという方は多くないかもしれません。こちらでは、太陽光発電の仕組みについてご説明します。

「新日本住設」は、神戸市を中心に兵庫・大阪・京都・名古屋(愛知)・横浜(神奈川)・東京・広島・埼玉・静岡・金沢(石川)・福岡などで太陽光発電システム導入のお手伝いをしています。ソーラーパネルのみならず、家庭用蓄電池の販売・設置、オール電化リフォーム、その他住宅設備の販売・施工まで、さまざまなご相談を承っています。太陽光発電をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。費用回収シミュレーションのご依頼にも対応いたします。

太陽光発電の仕組み

一口に太陽光発電といっても、ソーラーパネル単体で電力を生み出すわけではありません。いくつかの装置を組み合わせて発電し、うまく運用することで太陽光発電の本領が発揮されます。

太陽光発電に必要な装置

太陽光発電に必要な装置

ソーラーパネル

ソーラーパネル

屋根の上に取り付けるパネルです。ひとつのパネルは多数の太陽電池モジュールで構成されています。太陽光を取り込んで、「直流電力」を生み出します。

パワーコンディショナー

パワーコンディショナー

ソーラーパネルが生み出した「直流電力」を、一般家庭で使用できる「交流電力」に変換する装置です。

屋内分電盤

屋内分電盤

パワーコンディショナーが変換した電力を、住まいの各部屋へ供給する装置です。

電力量計

発電量や使用料を、モニターで確認できる装置です。余剰電力の売電量データなどもこちらで詳細にチェックできます。

「売電」と「買電」

「売電」と「買電」

太陽光発電の大きな特徴は、余った電力を電力会社に買い取ってもらえること。一般のご家庭では、一日のうちでも電力を使用する時間と使用しない時間に偏りがあります。日中は太陽光によってたくさんの電力が生み出されますが、使用する電力量は多くありません。それに対し、夜間は太陽が沈んでしまうので発電はできなくなりますが、日中よりも電力使用量は増加します。発電量が少なくなって使用量が多くなるのは、雨の日も同様です。

このような電力の需給バランスの乱れに対し、個々の太陽光発電システムの中で完結させるのではなく、電力会社との電気の売り買いすることでよりよいバランスを保つことができるのです。

太陽光発電にはどんなメリット・デメリットがあるの?

太陽光発電には多くのメリットがある一方で、デメリットもあります。とはいえ、信用できる業者に任せればデメリットは改善できます。ほとんどのケースで賢い活用ができればメリットがデメリットを上回ることから、エコで省エネな生活が実現できます。

メリット デメリット
  • 発電した電力を自宅に使うので、日中の電気代を抑えられる
  • 高い売電収入によって電気代をマイナスからプラスへ、導入コストも回収できる
  • クリーンエネルギーの活用で、CO2削減に貢献できる
  • 電力量をモニターで数値化して「見える化」できるので、節電意識が高まる
  • 長期間(20~30年以上)の使用が可能 ※モジュール
  • 災害時・停電時の電力を確保できる
  • 屋根や屋上など、これまで使っていなかったスペースの有効活用になる
  • 補助金があるので低コストでの導入が可能
  • 導入時にコストが高い
  • 立地環境や季節、気候、天候によって発電量が左右される
  • 未熟な業者が施工すると、屋根を破損したり雨漏りしたりといったトラブルを招くこともある

【実際に電気代はどれくらい安くなるの?】
「電気代が安くなる」「光熱費が抑えられる」とうたわれる太陽光発電ですが、導入コストと比較してどれくらいの節電効果が得られるのか、具体的な数値が知りたいと思われる方も多いのではないでしょうか? 次のページでは、太陽光発電システムを導入した際の節電シミュレーション事例をご紹介します。

導入コストと運用コストを具体的に試算してみました導入節電シミュレーション

太陽光発電はオール電化との組み合わせがオススメです

太陽光発電はオール電化との組み合わせがオススメです

太陽光発電と一緒によく紹介される「オール電化」。オール電化は、家庭で使用される冷暖房や給湯、調理に用いられるエネルギーを、すべてガスを電気に替えることを指します。家庭内で使用するエネルギーを電気に一本化することで、光熱費の受給サイクルの効率を高めることができる――それが、オール電化をオススメする最大の理由です。

また、火を使わないことからCO2削減にも貢献します。なお、オール電化を導入する際には、太陽光発電システムだけでなく、家庭用蓄電池とも組み合わせることで、よりよい省エネ効果が期待できます。

取り扱いメーカーご紹介

HIT P250α Plus / ハーフタイプ P120α Plus、Hit245α Plus / ハーフタイプ120α Plus

HIT240α/245α、HITハーフタイプ120α(パナソニック)

250W太陽電池モジュール(東芝)

250W太陽電池モジュール(京セラ)

Vシリーズ(東芝)

250W太陽電池モジュール(東芝)

ハーフタイプ125W 太陽電池モジュール(東芝)

ハーフタイプ125W 太陽電池モジュール(京セラ)

太陽電池モジュール(シャープ)

ハーフタイプ125W 太陽電池モジュール(京セラ)

その他、様々なメーカーを取り扱っておりますので、メーカーにこだわっておられる方も一度ご相談下さい。

神戸市の「新日本住設」では、兵庫・大阪・京都・名古屋(愛知)・横浜(神奈川)・東京・広島・埼玉・静岡・金沢(石川)・福岡などで太陽光発電システムの導入をお手伝いしています。太陽光発電・蓄電池・オール電化などに関心がある方は、ぜひ一度、当社へご相談ください。立地や屋根の形状に合わせた施工や、コスト回収プランのご提案も可能です。

太陽光発電・ソーラーパネル設置について個別のご相談はこちらお問い合わせ