【停電する前に!】SHARP 蓄電池の自動運転確認について

2019.10.09
メンテナンスブログ

【停電する前に!】SHARP 蓄電池の自動運転確認について

蓄電池の設定と使い方
(停電する前にご確認ください!)

シャープの蓄電池システムをお使いの場合は、「自立運転自動切替設定」や「運転モード」の設定を、
スマートフォン・タブレットより以下の手順で設定します。
※出荷時の設定では、停電の際、自動で放電されません。

自立運転の自動切替

自立運転の自動切替自立運転を自動に設定しておくと、停電など商用電源からの電力供給が止まった場合、
蓄電池から専用コンセントに自動で電気を送ります。
出荷時の設定は自立運転が無効になっているため、停電の際に自動で蓄電池からの電気の供給はされません。

  1. ホーム画面から【メニュー】ボタンをタップする
  2. 【設定する】→【宅内コントローラ設定】→【自立運転自動切替設定】をタップする
  3. 【自立運転自動切替設定】画面に記載の文章をよく読み、
    自動切替を設定する場合は【有効】、設定しない場合は【無効】を選択し、【決定】をタップする
  4. 「設定されました」と表示されたら、設定完了
    [戻る]をタップすると、メニュー画面に戻ります。
    出荷時は[無効]になっています。
    [無効]を選択されている場合は、自立運転が自動でおこなわれません。
    停電の都度、手動で自立運転に切り換えることができます。

 

「自立運電自動切替設定」を[有効]にしたときの動作に関するご注意

自立運転自動切替を設定した場合でも、運転モードの自動切替により、
一時的に専用コンセントに電力が供給されない時間があります。

※専用コンセント以外のコンセントは、停電時はお使いいただけません。

SHARPの操作マニュアルの詳細については下記をご確認ください。

▼SHARPの操作マニュアルの詳細についてはこちら
SHARP操作マニュアル
※メーカーページへ遷移します。
SHARP操作マニュアルへのQRコード

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

自立運転確認方法:長州の場合

自立運転確認方法:長州の場合

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVマルチ 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVマルチ 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVマルチ 停電時の供給方法の切り換え方

長州スマートPVマルチ 停電時の供給方法の切り換え方