【注意!】SHARP 自立運転時の注意事項

2019.10.09
メンテナンスブログ

【注意!】SHARP 自立運転時の注意事項

自立運転にするときのご注意

蓄電池システムをお使いの場合(太陽光発電との併設を含む)

自立運転では、太陽光発電で発電した電気や蓄電池に貯めた電気を特定回路に供給します。
余った電気を電力会社に売ることはできません。
自立運転をおこなうときは、以下の注意をよくお読みになり、正しくお使いください。

 

  • 自立運転は、停電時の非常用電源としてお使いいただくための機能です。
    停電から復帰したときは、運転モードを連系運転に切り換えてください。
    ただし、ハイブリッドパワーコンディショナをお使いの場合で、自立運転の自動切替を設定しているときは、切り換え操作不要です。
  • 太陽電池モジュールが発電していないときは蓄電池の電力を供給します。
    夜間など発電できないときも蓄電池残量があれば、自立運転できます。
  • 特定回路を使用してください。
    自立運転では、特定回路にのみ電力が供給されます。
    停電時にその他のコンセントは使用できません。
  • パワーコンディショナの運転音が大きくなる場合があります。
    自立運転中は、パワーコンディショナの運転音が連系運転中より大きくなる場合がありますが、異常ではありません。
  • 合計2000Wまでの電気機器が使用できます。
    特定回路で使用できる電力は最大で2000Wまでです。
    ※注 2000Wを超えて使用した場合、ブレーカが落ちてしまう可能性がございますのでご注意ください。
    消費電力が1500Wまでの電気機器をご使用ください。
    モータで作動する機器(掃除機、冷蔵庫、エアコン、洗濯機など)や運転時開始時に大きな電流が流れる機器、アースを必要とする電気機器は使用できない場合があります。
  • 使用している機器が途中で使えなくなる場合があります。
    天候の変化などで発電電力が不安定になると蓄電池から電力供給されますが、蓄電池残量がなくなると発電電力のみ使用するため電力供給が不安定になります。
    また、発電電力が低下し蓄電池残量がない場合は、自動的に自立運転を停止します。
    デスクトップパソコン等の情報機器および周辺機器、電子レンジ等の調理器具などは、途中で電源がOFFになると、データの損傷や食品損傷および故障の原因となる可能性があります。
  • 自立運転時の発電量と特定回路からの消費量は積算されません。
    自立運転時に太陽光発電した電力量と特定回路で消費した電力量は履歴表示には反映されません。

 

太陽光発電のみをお使いの場合(蓄電池システムを使っていない場合)

自立運転では、太陽光発電で発電した電気を自立運転用のコンセントに供給します。
余った電気を電力会社に売ることはできません。
自立運転では、発電した電力が自立運転用のコンセントに接続されている機器の消費電力より大きな場合のみ運転することができます。
自立運転をおこなうときは、以下の注意をよくお読みになり、正しくお使いください。

 

  • 自立運転は、停電時の非常用電源としてお使いいただくための機能です。
  • 停電から復帰したときは、運転モードを連系運転に切り換えてください。
  • 太陽電池モジュールが発電していないときは使用できません。
    夜間など発電できないときは、自立運転できません。
  • 自立運転用コンセントまたは専用コンセントを使用してください。
    自立運転では、自立運転用コンセントまたは特定回路のみに発電電力が供給されます。
    停電時にその他のコンセントは使用できません。
  • パワーコンディショナの運転音が大きくなる場合があります。
    自立運転中は、パワーコンディショナの運転音が連系運転中より大きくなる場合がありますが、異常ではありません。
  • 発電電力より消費電力が小さな機器を使用してください。
    太陽光発電で発電した電力よりも自立運転用コンセントまたは特定回路に接続した機器の消費電力が大きな場合、自立運転できません。
    自立コンセントは最大1500W、特定回路は最大2000W、電力を使用することができます。
    消費電力が1500Wまでの電気機器をご使用ください。
    モータで作動する機器(掃除機、冷蔵庫、エアコン、洗濯機など)や運転開始時に大きな電流が流れる機器、アースを必要とする電気機器は使用できない場合があります。
  • 使用している機器が途中で使えなくなる場合があります。
    太陽光発電で発電した電力のみを使用するため天候の変化などで発電電力が不安定になることがあります。
    発電電力が低下した場合、自動的に自立運転を停止します。
    デスクトップパソコン等の情報機器及び周辺機器、電子レンジ等の調理器具などは、途中で電源がOFFになると、データの損傷や食品損傷および故障の原因となる可能性があります。
  • 自立運転が自動停止した翌日は、手動で自立運転を開始してください。
    自立運転していると、日の入りとともに自動的に運転を停止しますが、翌朝に日の出を迎えても自動的に運転を開始しません。
    自立運転をおこなう場合は、手動で自立運転を開始してください。
  • 自立運転時の発電量と自立運転用コンセントまたは特定回路からの消費量は積算されません。
    自立運転時に太陽光発電した電力量と自立運転用コンセントまたは特定回路で消費した電力量は履歴表示には反映されません。
    ※ 特定回路とは工事のときに選んでいただいた箇所です。
  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

自立運転確認方法:長州の場合

自立運転確認方法:長州の場合

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVマルチ 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVマルチ 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVマルチ 停電時の供給方法の切り換え方

長州スマートPVマルチ 停電時の供給方法の切り換え方