SHARP モニタについて

2019.10.09
メンテナンスブログ

SHARP モニタについて

SHARPマルチエネルギーモニタ

マルチエネルギーモニタの基本操作、表示ランプについてご案内いたします。
マルチエネルギーモニタは、表示ディスプレイとパワーコンディショナのコントローラを兼ねています。
発電履歴の閲覧、各種の設定などのおもな操作は、マルチエネルギーモニタでおこないます。

 

操作について

①リセットボタン

マルチエネルギーモニタの再起動をします。

 

②ディスプレイ(タッチパネル)

運転状態、発電状態などを表示するとともに、画面をタップすることで操作ができます。

 

③今日の実績ボタン

今日の実績画面を表示します。

 

④ホームボタン

ソーラーのトップ画面に戻ります。
周辺部のLEDでシステムの運転状態を表示します。
(図)周辺部のLEDでシステムの運転状態

売買センサーを取り付けていない場合、かつ、設置時に「余剰買取」の設定をしている場合は、橙色点灯します。
自立運転中は、青色点灯します。

▼LED点灯イメージ(青色点灯:売電中)LED点灯イメージ(青色点灯:売電中)

▼LED点灯イメージ(橙色点灯:買電中)LED点灯イメージ(橙色点灯:買電中)

 

⑤運転状態表示ランプ

パワーコンディショナごとの運転状態を表示します。
※左から1台目、2台目、3台目のパワーコンディショナの状態を表示しています。(図)運転状態表示ランプについて

▼ランプ点灯イメージ(緑色点灯)ランプ点灯イメージ(緑色点灯)

※上記はパワーコンディショナ2台設定を想定しています。

 

▼ランプ点灯イメージ(赤色点灯)ランプ点灯イメージ(赤色点灯)

※下記はパワーコンディショナ2台設定を想定しています。

 

⑥運転切替ボタン

パワーコンディショナ運転状態(運転/停止)、運転モード(連系運転/自立運転)の切り替えをおこないます。

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

【日立】災害時のエコキュート操作方法

【日立】災害時のエコキュート操作方法

大雪対策ガイド

大雪対策ガイド

【ダイキン】エコキュートの凍結防止方法

【ダイキン】エコキュートの凍結防止方法

【日立】エコキュートの凍結防止方法

【日立】エコキュートの凍結防止方法