• ホーム > 
  • 新着情報 > 
  • 自立運転/連系運転への切り換え方法:カナディアンソーラーの場合

NEWS 新着情報

自立運転/連系運転への切り換え方法:カナディアンソーラーの場合

2019.10.09
メンテナンスブログ

自立運転/連系運転への切り換え方法:カナディアンソーラーの場合

自立運転/連系運転への切り換え方法について

工場出荷時の自立運転周波数は50Hzですが、
一度連系運転を行うとご利用地域の周波数に自動設定されます。

 

連系運転から自立運転にするには

太陽光発電システム連系ブレーカをOFF(切)にすることにより、自立運転に切り換えることができます。
自立運転モードでは、自立運転コンセントから供給される電力により、電気製品を使用することができます。
※予め自立運転コンセントの設置工事が必要です。

 

①スイッチを「停止」にする
パワーコンディショナは運転を停止します。

②太陽光発電システム連系ブレーカをOFF(切)にする

 

③スイッチを「運転」にする

10~20秒後に自立ランプ(橙)が点灯、自立運転コンセントにAC100Vが出力されます。
自立運転時の電力表示は、自立運転コンセントに接続された機器の消費電力(単位:kW)です。

 

自立運転から連系運転に戻すには


①スイッチを「停止」にする
パワーコンディショナは運転を停止します。

②太陽光発電システム連系ブレーカをON(入)にする

 

③スイッチを「運転」にする

約5分後、連系運転を開始
連系ランプ(緑)が点灯、発電電力が表示されます。

 

停電したらどうしたらいいの?

停電した場合、計測ユニットからパワーコンディショナを操作して頂く必要があります。
詳細については下記をご覧ください。

カナディアンソーラー 停電時の使い方(自立運転)

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

台風19号における対策ガイド

台風19号における対策ガイド

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

村田製作所 自動運転自動切替について

村田製作所 自動運転自動切替について

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法