NEC 停電時の対応について

2019.10.09
メンテナンスブログ

NEC 停電時の対応について

停電時の対応について

非常時、本システムより放電が開始され、貯めた電力で重要負荷用コンセントに接続した家電製品を一定時間稼働できます。

  • 停電発生を検知すると、本システムは自立運転に切り換わり、重要負荷用コンセントに接続した家電製品への放電を開始します。
    ※切り換わる瞬間に、若干秒の停電が起こります。

 

  • 停電中に太陽光発電システムから充電を行う場合は、太陽光発電システムの自立運転モードへの切り換えが必要です。
    太陽光発電システムの切り換えについては、ご使用の太陽光発電システムの取扱説明書を参照してください。
    太陽光発電システムの発電電力が、重要負荷用コンセントに接続した家電製品を稼働させ、
    さらに余剰が出た場合に、本システムが充電します。
    ※電力の余剰については、ご使用の太陽光発電システムの停電時の発電能力をあらかじめご確認ください。

 

  • 太陽光発電システムの発電電力が少なくなり、重要負荷用コンセントに接続した家電製品の消費電力を賄いきれなくなった場合に、太陽光発電システムは出力を停止し、本システムからの放電に切り換わります。
    太陽光発電システムの出力停止条件は、太陽光発電システムの説明書を参照してください。

 

  • 電力復旧を検知すると、本システムは自立運転解除に向けてカウントダウン状態になります。
    カウントダウンは、操作パネルの画面で表示されます。
    カウントダウンが終了すると、本システムは自動で自立運転を解除し、停電前の運転モード(マニュアル運転モードを除く)に戻ります。
    ※自立運転の解除時に、若干秒の停電が起こります。

 

※注意※非常運転中(停電中)に、本システムの電池残量が、運転停止電池残量設定値未満になった場合、
操作パネルの画面に「電池残量低下 運転を停止します」の警告メッセージが表示されます。
電池残量0%となると、本システムの運転を停止します。

本システムの停止後、バックアップ電源により、システムコントローラが約30分待機状態となります。
バックアップ電源により、システムコントローラが約30分待機状態となります。
バックアップ時間が終了すると、停電中の本システムの再起動(太陽光システムの電力供給による等)ができなくなります。
できるだけ電池残量0%とならないよう、操作パネルの電池残量低下のメッセージ表示後は、
重量負荷用コンセントに接続した家電製品を減らす等の対処を行ってください。
また、非常運転中にシステムコントローラの電源オフ-オン動作を行うと、システムコントローラがオンとなることができず
停電中の再起動ができなくなります。
なお、システムコントローラの停止後も電力復旧を検知すると再起動します。

 

今後のために

停電した時の蓄電池の設定が可能です。
(残量の下限を設定します。)
詳細は下記をご覧ください。

▼停電した時の蓄電池の設定はこちら
NEC 蓄電池残量下限の設定方法

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

大雪対策ガイド

大雪対策ガイド

【ダイキン】エコキュートの凍結防止方法

【ダイキン】エコキュートの凍結防止方法

【日立】エコキュートの凍結防止方法

【日立】エコキュートの凍結防止方法

【Panasonic】エコキュートの凍結防止方法

【Panasonic】エコキュートの凍結防止方法