スマートスター 蓄電池残量下限の設定方法

2019.10.09
メンテナンスブログ

スマートスター 蓄電池残量下限の設定方法

放電停止残量の設定

蓄電池の放電停止残量(放電制限)を0%~90%の範囲内で設定できます。
蓄電池の残量が設定された値に達した場合、放電を停止します。
放電停止残量は系統連系時と停電時を個別に設定できます。

停電時の放電停止残量は連携時の放電停止残量より大きく設定することはできません。
系統連系時の残量設定と停電時の残量設定を0%に設定すると停電時に使用可能な電力が残らない場合があります。

バックアップモードでは放電しませんので連携時の放電停止残量は使用されません。

  • 大きな値を設定:停電発生時に十分な電力を家庭内負荷に供給できる可能性が上がります。
  • 小さな値を設定:停電発生時に十分な電力を家庭内負荷に供給できない可能性がありますが、ピークシフト効果は高くなります。

 

設定方法

  1. 「メイン」画面で「設定」ボタンを押します。
    設定方法1
  2. 「設定」画面で「充放電設定」を押します。
    設定方法2
  3. 「充放電設定1」画面で「充放電時間設定」を押します。
    設定方法3
  4. 「放電停止残量設定」画面で「連系時放電停止残量設定」もしくは「停電時放電停止残量設定」を押します。
    設定方法4
  5. 「▲」、「▼」ボタンで残したい量を0%~90%の範囲で入力してください。
    入力が完了したら「もどる」ボタンを押してください。
    設定方法5

 

スマートスターのその他

スマートスターの気になる各種設定やワードについて、詳細は下記をご覧ください。

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

台風等の災害における停電対策ガイド

台風等の災害における停電対策ガイド

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

村田製作所 自動運転自動切替について

村田製作所 自動運転自動切替について

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法