村田製作所 自動運転自動切替について

2019.10.09
メンテナンスブログ

村田製作所 自動運転自動切替について

自立運転自動切替の設定

停電時、運転開始方法(自動/手動)の切り替えを設定できます。
※初期設定では、手動(自動切替は「OFF」)になっています。
表示端末から詳細設定を行います。
(本ページ下部の【自立運転の自動切替設定】をご確認ください。)

※注意※運転開始方方法が自動もしくは手動であっても停電時に使用していた電化製品は一旦停止します。
停電時使用できる場所は特定負荷用切替盤(非常用コンセント)のみです。

 

自立運転の開始と停止

手動設定の場合 ※初期設定時

  1. 製品が停電が発生すると自動的にサブボタンが表示され、自立ボタン上の状態表示LEDが点滅します。
    ※電池の残量(%)が表示されます。
  2. 自立ボタンを押すと、自立運転を開始します。
    ※再度自立ボタンを押すと自立運転が停止します。自立運転を停止しても太陽電池からの充電は行います。
  3. 停電が解消すると自動的に通常運転(連系運転)に戻ります。

 

自動設定の場合

  1. 停電が発生すると自動的にサブボタンを表示し、自立運転を開始します。
    ※電池の残量(%)が表示されます。
  2. 停電が解消すると自動的に通常運転(連系運転)に戻ります。
    ※特定負荷用切替開閉器/切替盤を切り替えた瞬間、配線が接続されている機器が一瞬停止しますが、本製品の故障ではありません。
    停電時の自動切替や停電が解消時の自動切替時間は約10秒以内です。

 

自立運転の自動切替設定

▼対応ブラウザ

  1. web画面にアクセスし、ACCESS URL AP MODEを表示端末のブラウザへ入力してください。
    対応ブラウザを立ち上げ、直接アドレスバーに下記の数字を入力してください。
    ※検索バー(通常、検索を打ち込むところ)への入力は不可です。
  2. 「PCS1」メニューの「PCS設定」を押してください。
  3. 自立運転自動切替の「自動/手動」を選択してください。
  4. 項目の設定を変更し、反映させる場合は「更新」を押し、「更新されました」のメッセージが出たら完了です。
  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

台風等の災害における停電対策ガイド

台風等の災害における停電対策ガイド

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法

スマートスター 蓄電池残量下限の設定方法

スマートスター 蓄電池残量下限の設定方法