モジュール変換率NO1で評判のPanasonic、HITを徹底分析!

2015.07.09
メンテナンスブログ

モジュール変換率NO1で評判のPanasonic、HITを徹底分析!

モジュール変換率NO1で評判のPanasonic、HITを徹底分析!


 

今回は、お客様によくご質問いただく内容としまして、「パナソニックの商品が一番発電されるんですよね?」や「パナソニックの商品が評判いいのでしょうか?」などが多く挙げられます。

では、パナソニックのHITが変換率NO1で評判の理由を動画を交えて、徹底解明していこうと思います。

 

▼商品紹介youtube

https://www.youtube.com/watch?v=XLezzcoIUK0

(なぜ、発電効率が世界最高水準なのかが、わかりやすく動画で説明されています。)

暑さへの強さをデータが実証


 

1年の中でもっとも発電量が期待される6月から9月のいわゆる夏場です。

この期間中は日中の気温も高く、どのメーカーでも発電効率が少なからず悪くなってしまうものです。

その中で、Panasonic製品は、その変動が他のメーカーよりも変動しにくいというものが、年間の発電量やモジュール変換効率にもつながっていると考えられます。

発電効率・変換効率に優れたパワーコンディショナ


 

また、日射量が変化しても太陽電池の能力を最大限に活かし、日射量が少なくても、効率良く変換するということも、モジュール変換率NO1で評判の要因になっているのではないでしょうか。

 

西日本でパナソニック製品の施工実績2年連続NO1の当社であれば、お客様のお悩みに対して的確なアドバイスや、最適なご提案が可能ですので、ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

停電時の操作:京セラ[Enerezza]の場合

停電時の操作:京セラ[Enerezza]の場合

停電前 もしものための操作:京セラ[Enerezza]の場合

停電前 もしものための操作:京セラ[Enerezza]の場合

自立運転確認方法:長州の場合

自立運転確認方法:長州の場合

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法