• ホーム > 
  • お知らせ > 
  • 大雪に伴う 太陽光パネル上の雪おろし と よくある冬季トラブル について

大雪に伴う 太陽光パネル上の雪おろし と よくある冬季トラブル について

2022.12.23
お知らせ

大雪に伴う 太陽光パネル上の雪おろし と よくある冬季トラブル について

日頃より新日本住設Groupをご愛顧いただき、誠に有難うございます。

現在、日本海に低気圧があり、強い寒気が流れ込みます。ピークは今日23日ですが、寒気の影響は26日まで続くようです。日本海側を中心に荒れた天気になり大雪の恐れ、太平洋側でも積雪する所がある見込みです。大雪や暴風、吹きだまりによる交通への影響に警戒し、着雪やなだれに注意が必要のようです。

 

太陽光パネル上での雪おろしについて

屋根やハシゴからの転落、水路への転落、除雪機運転による事故が大半を占め、その他落雪による事故もあるようです。
特に、太陽光パネルを設置したお客様におかれましては、パネル上での雪おろしは足元がとても滑り易い上、表面ガラスは大丈夫でも内部セルなど製品を破損してしまう恐れもあります。
どうしても雪おろしが必要な場合、踏んではいけない箇所があるため、まずはご相談をお願い致します。

冬季によくあるトラブルの予防・対処法について

現在、主に大雪や凍結などによりエコキュートよりお湯が出ないなどのお問い合わせを多く頂いています。
エコキュート・蓄電池の冬季トラブル対処法をメーカーごとにまとめておりますので、下記よりご覧ください。
※凍結のおそれがあるときは、必ず事前に凍結予防・凍結防止を行ってください。

冬季によくあるトラブルの予防・対処法について

 

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

【CSR】チャリティ自販機を設置しました

【CSR】チャリティ自販機を設置しました

【ご案内】電話の緊急メンテナンスにつきまして

【ご案内】電話の緊急メンテナンスにつきまして

令和6年能登半島地震と停電について

令和6年能登半島地震と停電について

能登半島地震について

能登半島地震について