nichicon蓄電池 停電時の使い方(自立運転)

2019.10.09
メンテナンスブログ

nichicon蓄電池 停電時の使い方(自立運転)

停電時の使い方(自立運転)

蓄電池用分電盤の切替スイッチが「蓄電」側になっていることをご確認ください。
「系統」側になっている場合は「蓄電」側に切り換えてください。
停電が発生した場合、太陽光パワーコンディショナの「取扱説明書」に従って、太陽光発電を自立運転に切り換えてください。
蓄電システムは特別な操作は必要ありません。
停電時の室内リモコンの表示は下図のようになります。

※停電時の動作中に太陽光パワーコンディショナ「EO」あるいは「STOP」などの点検コードを表示する場合があります。
その場合は、太陽光パワーコンディショナの「取扱説明書」に従って、太陽光発電を再度、自立運転に切り換えてください。

 

停電時の家電製品の利用について

特定回路の定格出力は、2000VA(目安:2000W)です。
電気の使い過ぎや使用中の家電製品の特性により、特定回路で定格(2000VA)を超える電力を使用されると、
内部の安全装置が作動し、室内リモコンにメッセージを表示して、特定回路への給電を停止します。
下記の家電製品は、特定回路への接続を避ける、または注意してください。

※注意※

  • 途中で電源が切れると困る家電製品は接続しないでください。
  • 突入電流が大きい家電製品は一部動作しない場合があります。
  • 消費電力が大きい家電製品を利用する際には、動作させる前に、他の接続している家電製品を減らす等、
    特定回路の定格を超えないように工夫してください。
    太陽光発電連携時の定格は1500VA(目安:1500W)になります。
  • もし、安全装置が作動してしまった場合は、リモコンのメッセージに従って、接続している家電製品の数を減らして、システムを再起動させてください。
  • エアコンやIHクッキングヒーターなどの200V家電製品使用できません。

下記の家電製品を最大23時間利用可能(※)です。

接続家電製品例)
・冷蔵庫:120W
・液晶テレビ:170W
・リビング用LEDシーリング照明:100W
・ノートパソコン、ルーター等:30W
・携帯電話充電(2台):10W
⇒合計:約430W

※おおよその目安です。
実際のご使用では、蓄電池の充電量、その他の条件で変わります。

 

停電時の蓄電池の設定について

停電した時のために、蓄電池の非常用設定(残量の下限設定)が可能です。
詳細は下記をご覧ください。

▼蓄電池の非常用の設定について
京セラ/nichicon 蓄電池残量下限の設定方法

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

台風等の災害における停電対策ガイド

台風等の災害における停電対策ガイド

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

村田製作所 蓄電池残量下限の設定方法

村田製作所 自動運転自動切替について

村田製作所 自動運転自動切替について

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法

デルタ 蓄電池残量下限の設定方法