【停電する前に!】Panasonic パワステS、S+、パワコンR(蓄電池あり)の設定について

2019.10.09
メンテナンスブログ

【停電する前に!】Panasonic パワステS、S+、パワコンR(蓄電池あり)の設定について

自動/手動切り換え設定について

パワステS
S+
パワコンR

パワステSをお使いのお客様

停電時、および停電復旧時に自立運転や連系運転に切り換える方法を設定します。出荷時の設定は手動切換です。電力切換ユニットなしの場合は、自動切換にしないでください。※必ず運転を停止して行ってください。※通信状況が悪い場合や基盤が壊れている場合、自動切換が正常に作動しない場合がございます。

 

操作方法

  1. トップ画面で「メニュー/戻る」を押す「メニュー(1/3)」画面が表示されます。自動/手動切り換え設定 操作①
  2. 「積算表示」+「決定」を同時に長押しする自動/手動切り換え設定 操作②確認メッセージが表示されます。自動/手動切り換え設定 操作②(確認メッセージ)
  3. 「決定」を押す自動/手動切り換え設定 操作③「自動/手動切換設定」画面が表示されます。自動/手動切り換え設定 操作③(選択画面)▼「自動切換」選択時「自動切換」選択時画面▼「手動切換」選択時「手動切換」選択時画面
  4. 「▲」「▼」で切り換え方法を選択する
  5. 「決定」を押す設定時の注意メッセージが表示されます。
  6. 「設定」を押す

設定された切り換え方法に変更され、「設定を受付けました。」メッセージ表示後、トップ画面に戻ります。※「メニュー 戻る」を押すと操作はキャンセルとなり、前画面に戻ります。自動切換に設定した場合の停電時の動作

S+をお使いのお客様

停電時、および停電復旧時に自立運転や連系運転に切り換える方法を設定します。出荷時の設定は手動切換です。運転停止状態で設定が可能です。

※自動/手動切り替え設定時の注意事項※

●停電すると、負荷の状態によらず、バックアップ回路へ自動で給電を開始するため、機器の接続にご注意ください。
・電力切替ユニット(60 Aタイプ)を分電盤一次側設置で使用している場合にも、下記の接続ふかの機器は使用できません。
(バックアップ回路に接続負荷の機器の例)
・転倒時の安全装置がない電気ストーブや電気コンロなどの伝熱器具等
●電力切り替えユニット(60 Aタイプ)を分電盤一次設置で使用している場合には、使用する機器を減らしてください。同時に使用できる電力には限りがあります。自立運転が自動停止した場合、し良い宇宙の電気機器を一部停止し、消費電力を小さくすると、自動的に運転を再開します。(消費電力オーバーを連続で繰り返すと、エラーの解除操作が必要になります。)
●蓄電池がない場合、太陽光発電システムの発電状況により停電時のバックアップは不安定となります。
電力切り替えユニットに接続する機器が停電時に自動切り替えで一斉に起動すると、発電量が足りないため、保護装置がはたらき停止する場合があります。電力切り替えユニットに接続する機器は必要最低限の接続としてください。
蓄電池がない場合は手動切り替えを推奨します。

操作方法

  1. トップ画面でメニュー/戻るを押す
    「メニュー(1/3)」画面が表示されます。
  2. 積算表示+決定を同時に長押しする
    確認メッセージが表示されます。
  3. 決定を押す
    積算表示+決定を同時に長押しする「自動/手動切替設定」画面が表示されます。
  4. ▲▼で切り替え方法を選択する
    積算表示+決定を同時に長押しする「自動/手動切替設定」画面が表示されます。
  5. 決定を押す
  6. 手動切替を選択した場合
  7. 自動切替を選択した場合
  8. 設定された切り替え方法に変更され、「設定を受け付けました。」メッセージ表示後、メニュー画面に戻ります。
    設定された切り替え方法に変更され、「設定を受け付けました。」メッセージ表示後、メニュー画面に戻ります。 ※メニュー/戻るを押すと操作はキャンセルとなり、前画面に戻ります。

パワコンRをお使いのお客様

停電時、および停電復旧時に自立運転や連系運転に切り換える方法を設定します。出荷時の設定は手動切換です。自動切り替えに設定する場合は、下記「自動切り替え設定時の注意事項」をご確認ください。

※自動切替設定時の注意事項※

●停電すると、負荷の状態によらず、バックアップ回路へ自動で給電を開始するため、機器の接続にご注意ください。
(バックアップ回路に接続負荷の機器の例)
・転倒時の安全装置がない電気ストーブや電気コンロなどの伝熱器具等
●蓄電池がない場合、太陽光発電システムの発電状況により停電時のバックアップは不安定となります。
電力切替ユニットに接続する機器が停電時に自動切り替えで一斉に起動すると、発電量が足りないため、保護装置がはたらき停止する場合があります。電力切り替えユニットに接続する機器は必要最低限の接続としてください。
蓄電池がない場合は手動切り替えを推奨します。

操作方法

  1. トップ画面でメニューを押す
  2. ▲▼でメニューの最後(3/3)まで移動する。
  3. ▲▼で切り替え方法を選択する
  4. 決定を押す
    設定時の注意メッセージが表示されます。積算表示+決定を同時に長押しする
  5. 決定を押す
    積算表示+決定を同時に長押しする手動切替の場合
  6. ▲▼で切り替え方法を選択する
    積算表示+決定を同時に長押しする自動切替の場合
  7. 決定を押す設定された切り替え方法に変更され、「設定を受け付けました。」メッセージ表示後、メニュー画面に戻ります。※メニュー/戻るを押すと操作はキャンセルとなり、前画面に戻ります。

自動切換に設定した場合の停電時の動作

  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

停電時の操作:京セラ[Enerezza]の場合

停電時の操作:京セラ[Enerezza]の場合

停電前 もしものための操作:京セラ[Enerezza]の場合

停電前 もしものための操作:京セラ[Enerezza]の場合

自立運転確認方法:長州の場合

自立運転確認方法:長州の場合

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法

長州スマートPVプラス 蓄電池残量下限の設定方法