【日立】エコキュートの凍結防止方法

2020.12.24
メンテナンスブログ

凍結防止には、

1
ふろ配管・循環ポンプの凍結防止作業
2
給水配管、給湯配管の凍結防止作業

の2種類あります。

ふろ配管・循環ポンプの凍結防止策

浴槽のお湯を、ふろ循環アダプター上端より約5cm以上残しておくことで、自動で「凍結防止」運転を行います。

浴槽にお湯を張っていない場合、下記の方法で凍結防止用の注水を行います。

浴槽にお湯を張っていない場合の操作方法

  1. リモコンの扉を開け、メニューボタンを押す
  2. 方向キーを押し、「運転」の「凍結防止注水実行」を選択し決定を押す。
  3. ◀︎/▶︎を押し、「する」を選択し決定を押す。
  4. おふろの栓をする。◀︎/▶︎を押し、「開始」を選択し決定を押す
  5. 注水を開始します。

循環アダプターの上まで水が溜まると自動で終了します。

「凍結防止注意」機能の設定について

給湯器周辺の外気温が0℃かつ浴そうにお湯がない場合、台所リモコンにお知らせが表示されるように設定する方法です。

  • リモコンで、「メニュー」「お知らせ」の「凍結防止注意」を「入」にすることで、凍結の恐れがある時に、リモコンに凍結防止の注意表示を表示します。
  • 7時〜23時の間、画面表示と音声でお知らせします。
  • ◀︎/▶︎を押し、「する」を選択し決定を押し、おふろの栓をします。「開始」を選択し、決定を押すと注水が始まります。

ただし、お休み中に外気温が0℃になった場合、その間に凍結してしまう恐れがありますので、冬季は通常、浴そうにお湯を残しておくことをおすすめしています。

給水配管、給湯配管の凍結防止策

給湯温度を「低温」に設定してから、混合水栓を、わずかに水が出る(1分間に200cc:コップ1杯分)ように開けておく

  • シングルレバーの場合
    レバーを水側と湯側の中間位置にして開けます。
  • ツーハンドルの場合
    水側と湯側のハンドルを同じ程度に開けます。
  • サーモスタット付の場合
    混合水栓の温度設定を40℃付近に設定して、ハンドルを開けます。
  • facebook
  • twitter

RELATED POSTS 関連記事

【日立】災害時のエコキュート操作方法

【日立】災害時のエコキュート操作方法

大雪対策ガイド

大雪対策ガイド

【ダイキン】エコキュートの凍結防止方法

【ダイキン】エコキュートの凍結防止方法

【Panasonic】エコキュートの凍結防止方法

【Panasonic】エコキュートの凍結防止方法